予防治療

すべてに通ずる予防治療

子どもの頃からのメンテナンスが、将来のお口の状態に差をつけます

皆さんは、どういうときに「歯医者さんに行こう」と思い立つのでしょうか。

おそらく「歯が痛い」「飲み物が歯にしみる」「歯がぐらつく」といった、お口の中のトラブルに気づいたときだと思います。そしてトラブルが治まってしまうと、歯科医院に通うのをやめてしまうのではないでしょうか。

患部だけでなく、お口の中全体を考える治療

歯の治療では、まず患者さんが感じている痛みなどをとるといった対症療法も大切です。しかし、なぜその痛みが起こったのかの原因を突き止め、そこを治さなければ、いずれはまた同じように痛みを感じるようになってしまいます。

たとえば歯が痛むとき、神経を取ってしまえば痛みは治まります。しかし、痛みの原因が噛み合わせだった場合、神経を取ることで歯が死んでしまい、もっと悪い状態になってしまうことがあるのです。

大切なのは、お口の中全体の状態を見て治療をすること。対症療法だけでなく、お口の中の環境をよりよくするための治療をしたい。当院ではそう考えています。

すべての治療はつながっている

当院の考える理想の治療とは、患者さんが求めるものを提供することです。では、患者さんが心から求めているものとは一体何なのでしょうか。

目先のことだけでいえば「歯の痛みをなくしたい」「歯の見た目を美しくしたい」「治療費を安く上げたい」などさまざまだと思います。でもその根本にある患者さんの本当の望みを考えると、「いくつになっても自分の歯で美味しく食事ができて、健康に過ごせること」。そこに至るのではないでしょうか。

予防治療

お口の健康を守るための治療

すべての歯は、お互いに支え合うことで歯列を作っています。1本でも歯がなくなってしまうと、その隣の歯が次第に空いたスペースにずれてきてしまいます。すると歯列が崩れ、噛み合わせが悪くなり、やがてはすべての歯に負担をかけてしまうことになるのです。

虫歯の治療では、細菌に冒されてしまった部分を削り、詰め物をすれば終わります。一見、悪くなった歯だけを治療しているように思えますが、1本の歯を守ることが、お口の中全体の健康を守ることにつながっているのです。

矯正治療でも同じことが言えます。歯並びを整えることで、歯磨きなどのお手入れがしやすくなると、虫歯や歯周病にもかかりにくくなります。つまり矯正治療も、お口の中の健康を支える治療のひとつなのです。

抜歯もお口の健康を守る治療のひとつ

虫歯や歯周病が悪化すると、歯を抜かなければならなくなることがあります。中には「歯医者に行ったら、歯を抜かれてしまうかもしれない」と思うあまり治療を先延ばしにして、さらに症状を悪化させてしまう方もいらっしゃいます。でも、歯科医師も好んで歯を抜きたがっているわけではありません。

悪くなった歯を無理に残そうとすると、周囲の歯にまで悪影響が出てしまうことがあります。そうなる前に、抜歯することでお口の中の健康が守れるなら……。歯科医師はそんな思いで、抜歯するかどうかの診断を下しているのです。

定期検診の役割

天然の歯を守るための一番の方法は、まず虫歯や歯周病などの病気にかからないこと。そのため当院では、予防治療に力を入れています。当院で治療を受けた患者さんには、必ず3か月ごとの定期検診をお薦めしています。

定期検診では、お口の中の状態をチェックするだけでなく、歯や歯ぐきのクリーニングを行っています。細菌のエサとなるお口の中の汚れを取ると、虫歯や歯周病を引き起こす菌の数も減っていきます。つまり、定期検診を受けることが、虫歯や歯周病などにかかってしまうリスクを大幅に引き下げるのです。

万が一、定期検診で虫歯や歯周病が発見されても、初期のうちならごく簡単な治療で完治できます。80歳まで自分の歯で食事することを目標に、一緒に頑張ってみませんか。

子どもの頃の生活習慣が将来を左右する

お口の中の健康には、食習慣や生活習慣などが大きく関わってきます。そのため当院では、日常生活での注意点などもアドバイスしています。

特にお子さんの場合、小さい頃の日常生活が一生の習慣になってしまうことがあります。子どものうちから歯の健康を考えた生活を送り、それを習慣づけることで、10年後、20年後もお口の健康を守り続けることができるのです。

私たちは、できる限り皆さんのお役に立ちたい、皆さんが本当に望むものを提供したい、皆さんの健康を支えていきたいと願っています。どうか当院を、存分に利用してください。

当院の予防治療

予防治療では、お口の中を健康に保つための診療を行っています。お口の中の環境を整えていくことで、虫歯や歯周病が起こりにくい状態になります。

予防治療の施術を担当するのは、予防の専門家である歯科衛生士です。プロの技術で患者さんのお口の中をクリーニングしていきます。そして最後は歯科医師がチェックします。歯科衛生士と歯科医師のダブルチェックで、お口の中に潜む虫歯や歯周病のリスクを見逃しません。

定期検診メニュー

当院で治療を受けた患者さんには、3か月ごとの定期検診をお薦めしています。定期検診では、さまざまなメニューをご用意しています。お口の状態に合わせてそのメニューを組み合わせ、一人ひとりの患者さんに合った予防プログラムを提供しています。

スケーリング

歯の表面には、歯磨きだけでは落としきれない汚れが溜まっていきます。そこに細菌が繁殖したものが、歯垢(プラーク)や歯石です。その歯垢や歯石を、専用の器具を使って落とすのがスケーリングです。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

毎日の歯磨きだけでは落としきれない歯の汚れを、専用の器具を使って落としていきます。器具は柔らかい素材でできているので、施術中に痛みを感じることはありません。

フッ素塗布

フッ素には、ミネラルが溶け出してしまった歯の再石灰化を促し、歯質を強化する働きがあります。また、虫歯菌の出す酸から歯を守るという効果もあります。そのため、定期的にフッ素を塗ることで虫歯予防ができます。

ブラッシング指導

歯並びは患者さんによって違います。歯並びに合ったブラッシングを行わなければ、効果は上がりません。患者さんの歯並びをチェックして、最適なブラッシング法や気をつけるべきポイントをアドバイスしています。

カリエスチェック

専用の染色液を使い、虫歯になっていないかチェックします。虫歯の部分だけが染まるので、肉眼では見えにくいごく初期の虫歯もはっきりわかります。虫歯の早期発見・早期治療には有効な施術です。

予防治療に最適な通院頻度

予防治療の最適な頻度は、患者さんのお口の中の状態や歯磨きによる磨き残しなどによって異なり、基本的には、3~4ヶ月に1回は受けていただくことを推奨しています。

虫歯や歯周病などのリスクが高い方には、1~2ヵ月など短い頻度で通っていただく場合もありますので、詳しくは担当の歯科医師または歯科衛生士までご確認ください。

金町の皆さんに愛されつづけて45年以上
虫歯や歯周病など歯のトラブルにお悩みの方はお気軽にご相談ください。